バレエのレッスンに欠かせないのがレオタードです。レオタードにバレエタイツ、バレエシューズが基本的な3点セットと言われ、レッスン時にはこれらを必ず身につけなければいけないものです。これから子供にバレエを習わせたいと思っていらっしゃる保護者の方には、バレエレオタードにはどのような種類があり、どの場面で着用するのかを確認しておくと良いでしょう。子供は成長が早く、また激しいレッスンにより汗をかいて着用後に選択を繰り返すと劣化も速く進みます。そのために複数枚を用意しておくことも忘れずに。また男の子の場合も基本的にはバレエレオタードとバレエタイツを着用しますが、スパッツとトップスが一体型となったユニタードというタイプのレッスン着もあります。教室によって指定の服装が異なる場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

子供用のレオタードも品質を重視して選びましょう

レオタードは伸縮性の高い生地で作られています。レッスンでの動きは激しく大きなものが要求されますので、動きやすさを重視することが大切です。大きく分けると素材はコットン主体のものとライクラ素材主体のものにわけられます。肌触りがよく着心地に優れているのはコットンのものが多いのですが、伸縮性や速乾性に優れているのはライクラ素材のものとなります。同じ素材を使用していても生地の品質によって着心地や耐久性が大きく異なりますので、購入の前にそれらについても事前に通販サイトの評価などで調べておくと安心です。一般的にバレエやダンス専門メーカーのものは高価であるものの着心地や動きやすさ耐久性に優れています。バレエでの動きをきちんと考えられてしっかりと作成されていますので安心できます。

レオタードの種類はいくつもあるので、目的に応じて選びましょう

子供用でも大人用でも言えることですが、レオタードには袖の長さや首周りのタイプなど多くの種類があります。レッスン時に着用することが求められるレオタードの種類は、教室の先生が指定する場合も多いので問い合わせておくことが重要です。特に指定のない場合でも、レッスン時には、ブラックやブルーといった色でシンプルな無地の半袖、もしくはキャミソールタイプのレオタードが一般的です。最初に購入するのはそのようなタイプを選ぶのが良いでしょう。また冬期間など寒い時期には長袖のレオタードも良いです。キャミソールタイプ以外のタイプであれば、首周りは広く開いているものがおすすめです。ハイネックのレオタードは着脱が面倒となりますので気をつけましょう。発表会など特別の場合にはオーダーしたきらびやかなレオタード衣装を身につけることとなりますが、普段のレッスンは集中して取り組むために、シンプルで動きやすいものがベストです。

トゥシューズでつま先で立つことを、ポアントと呼びます。 体型をカバーしたいなら濃い目の色のレオタードがおすすめです。 バレエシューズには、そこが一枚のフルソールと、縫い目のあるスプリットソールがあります。 グリシコは世界70カ国以上で愛されているロシアの老舗バレエ用品メーカーです。 子供の習い事に必要な子供バレエ3点セットもあります! バレエに必要なレオタードなら子供用専門店のこちらへ