お任せ!Web会議システム活用術

会議がとても効率よくできる

色々なところに支店のあるような会社では、支店長クラスが集まって会議を行う場合は、本社などに集まって行うことが多いです。しかし、この場合はかなりの費用がかかり、現実的ではありません。それよりWeb会議システムを導入した方が交通費も不要となり、移動時間もなくなりますので大きなメリットになります。

こちらのサイトは、Web会議システムの比較が可能となっていて、費用面や使いやすさ等を含めて比較しています。ですから、これからWeb会議システムを導入するにあたり、人々の参考になります。ランキング形式でも紹介しています。

Web会議システムはその分野に詳しくない人にとっては何を言っているのか意味がわからないケースは少なくありません。しかし、この手の分野に長けていない人は勉強しないとシステム導入しても厳しいですが、こちらのサイトは素人でもわかるような情報を流しています。

FRESH VOICE

FRESH VOICEは、機能性に優れたWeb会議のためのシステムのひとつとして、自治体や民間企業などで導入が進んでいます。導入コストも比較的リーズナブルであり、様々な機能の中から予算やニーズに合うものを選択可能です。

FRESH VOICEには、高度なセキュリティ対策が施されているため、ウィルスや個人情報の漏洩などの心配がありません。なお、2週間の無料トライアルの期間を利用して、使い勝手の良さをチェックすることもできます。

FRESH VOICEは、会議中の録音や録画などの機能が充実しているため、会議の時間が長くなる場合にも最適です。その他、公式サイト上で過去の導入事例を参考にできるため、理想的なサービスをすぐに探せます。

LiveOn

国内の遠く離れた拠点間や海外拠点との会議はテレビ会議システムを利用されるケースが多いのですが、これは専用回線や高い機器の設置が必要となります。最近は簡単で手軽に始められるWeb会議の利用が増えています。

LiveOnの提供するWeb会議のシステムはインターネット回線に接続しますとパソコンを始め、スマートフォンやタブレットでもクリアな音声となめらかな動画映像を行う事が可能です。そして資料共有機能や録音録画機能などが備わっていますので便利です。

LiveOnのシステムは、ブラウザや会議招集メールから簡単に参加できて便利です。問合せはメールで24時間受付けしており、電話でも平日の9時から18時まで対応しています。

ブラザー

Web会議システムの購入を検討するならブラザーの商品を検討される事がお勧めです。この会社の製品はテレビ会議にも劣らない非常に鮮明で高画質の画像です。またノイズキャンセリングやエコーキャンセリング機能が備わっていますので、クリアな音声を利用出来ます。

またブラザーのWeb会議システムでは、エクセルやパワーポイントなどの資料、そして動画ファイルなどを共有したりできます。また編集の許可を与えられた方は、資料を編集する事も可能となっていますのでとても便利です。

また主催者が招待メールでURLを相手に送付すれば、社内はもとより社外の方もワンクリックで会議に参加する事が可能です。このサービスを利用しますと業務がスピーディに行えます。ブラザーはネットで24時間いつでも問合せ受付しています。

WebEx

WebExのWeb会議システムは、インターネットの環境さえあれば、リモートで自宅や外出先でも会議をする事が可能となり、通常の会議だと、会社へ出勤して会議室を予約してはいるが、参加者全員がそろわなかったり、などの状況が発生しづらくなります。また、会議室のスペース自体をなくすというコスト削減にもなります。

万が一、外出先や移動中の時に緊急で会議が必要になった場合、その場でPCを持っていなくてもタブレットやスマートフォンなどのモバイル端末でWeb会議の主催が可能なため、一度会社へ戻る際の時間のロスが減少します。

リモートでリアルタイムにWeb会議を利用する際に、まっ先に気になるのはセキュリティ面の安全性ですが、ciscoではセキュリティのメンテナンスを最も優先すべき事項として掲げているため、どんなに厳しいセキュリティ要件のある企業でも、安心して利用する事が可能です。

ブイキューブ

今の時代はいかにコストを削減して効率の良い仕事をすすめていくことができるかどうかです。そのうちの一つとして最近多くの企業で取り入れられるようになっているのがブイキューブのWeb会議システムです。遠くのもの同士が会議に参加できる素晴らしいシステムです。

初回導入時はわからないことがとてもたくさんあるでしょう。しかし、ブイキューブに相談すればわかりますが、手取り足取り教えてくれます。ですから、素人の方が初めて行おうとしても安心サポートがあるのでおすすめです。

Webセミナーやテレビ会議、さらにはビジネスチャットなども取り扱っています。時代の最先端をいくような会社ですから、これからも成長していくでしょう。間違いなく多くの人々に役に立つ仕事です。

ミエルカ・クラウド

企業が会議を開こうとすると社員を招集して行うには非常に効率が悪くなります。各地に社員が散らばっているなら移動や宿泊などの費用の負担も大きく、そのための時間もかなり必要になるからです。しかしミエルカ・クラウドのWeb会議のシステムを導入すると、全国どこにいても会議を開くことができて生産性が高まります。初期費用や追加料金もないのでお得です。

ミエルカ・クラウドのWeb会議のシステムは面倒なインストールが必要なく、インターネット環境があればいつでもどこでも利用することができます。出先のパソコンからでも、アクセスすることができるので大変便利です。

ミエルカ・クラウドのWeb会議のシステムは会議室をいくらでも作ることができ、人数制限がないので大人数の大会議も開催することができます。また研修会やビジネスセミナーなどを開くにも活用することができます。そしてユーザーの要望に従って、カスタマイズすることもできるので相談してください。

Web会議システムの特徴と重要ポイント

Web会議システムについては、インターネットへアクセスして実行する会議になります。その為、インターネットの回線が欠かすことはできません。この部分がひとつのポイントです。 国内ならば、インターネットの回線は至る所に通っていることから、この必要条件を満たすのは困難なことではありません。 しかしながら、固定回線のほうが安定的といえます。 wi-fiであってもWeb会議システムに参加することが可能ですが、電波が届きづらいところだったら、音声、あるいは映像が途切れる可能性も考えられます。 また、Web会議システムに加わることができる人数はポイントです。 無料のソフトウェアでは、加わることができる人数が制約されています。 10人程が多いです。少人数の会社のケースでは、無料版のソフトウェアが充分使えます。 人数が多い会社ならば、有料版を使用することをお勧めします。

重要ポイントとして、ソフトウェアの選択が挙げられます。 多様なソフトウェアがあるので、そのような中で自分自身にピッタリ合うもの選出するようにしましょう。 会話が可能、テレビ電話に関する機能があるというところは共通していますが、細々したところは違います。ひとつの例として、会議へ加わることができる人数はソフトウェアごとに異なります。 無料のソフトウェアのケースでは、コマーシャルが入ります。 無料のソフトウェアを提供するためにコマーシャルが割り込むには、仕方のないことといえます。パーソナルコンピューターやスマホの画面にコマーシャルが出てくるので、わずらわしさがもたらされることもあり得ます。 その際は、有料版にチェンジしましょう。しかしながら、広告はとても小さく表示されることから、回数をこなせば意識することがなくなる場合もあります。

一般的に考えてWeb会議システムはクラウドサービスが原則となっているので、ネット回線に繋がるパーソナルコンピューターがあれば、場所を意識することなく、どんな人でも参加できます。 それに加えてスマホやタブレットなどにも対処してるので、利便性が良いです。 映像並びに音声に関しましてはWEBカメラおよびヘッドセットやマイクスピーカーなどで対処可能ですので、事前準備や設定の手間がなく、円滑でありながらコスト削減が可能です。 メリットはいろんな場所からコミュニケーションができるところで、出張のコスト削減、移動する時間がなくなることによる仕事効率化、情報シェアのスピーディー化、WEBカメラを合わせて使うことで顔を確認しながら話すことができるのでコミュニケーションが円滑になります。