お任せ!Web会議システム活用術

TOP > Web会議のシステムについて > 最近注目が集まっているWeb会議システムの特徴とメリット

最近注目が集まっているWeb会議システムの特徴とメリット

離れている所にいる相手方とネットを通じてリアルタイムの状態でミーティングすることができるWeb会議システムですが、コミュニケーション並びに情報シェアの促進そして、出張費用のカットなどのメリットから、多種多様なシチュエーションで利用されています。
Web会議システムはインターネット経由で、遠隔地に位置する相手方と音声並びに映像でミーティング可能なツールになります。
音声並びに映像ばかりか、同一のデーター数値をモニター上で見るとか、アプリケーションをコントロールしたりもできます。
ミーティングに加えて、セミナー並びに研修それから在宅勤務などにも用いられています。
システム構築は、パーソナルコンピューターに対して会議に特化したソフトをインストールして、Webカメラ及びヘッドセットを接続するだけです。


テレビ会議システムは、専用端末それから、カメラやマイク、ディスプレイなどが不可欠で、テレビ会議室に特化した部屋において構築することになります。
大がかりでそれなりの費用も必要です。
その分だけ、高精細で相手方の顔も読み取ることも可能です。
それに対し、Web会議システムは専用端末を使わず、自席から手を煩わせることなく参加することが可能です。
また、テレビ電話との相違点についてですが、テレビ電話は電話機に対してモニターをミックスさせたもので、電話会社が提供している端末が要ります。
Web会議システムには専用端末は必要ではありません。
さらにスカイプは、1対1の二人での利用が原理原則ですが、Web会議システムは2人より多くの人数で使用できます。
スカイプはセキュリティに関する機能が標準では準備されておらず、ビジネス用に利用するのであれば、Web会議システムが最適です。


Web会議システムは、営業のための活動や医療現場、それから、震災時の事業継続のため等多種多様な状況で有効活用が進んでいます。
こうした背景は、通信の回線の帯域幅拡大や回線の安定性のみならず、パーソナルコンピューターの処理能力向上によって、映像並びに音声の質が高くなっていることがあります。
その一方ビジネスにおける環境変化も遠隔会議システムの活用機会を増やしています。
グローバル化によりまして、特にアジアを主として拠点が広がり続けている中、現地とのコミュニケーションはEメールや電話のみでは、心もとないといえます。
以上のようにインフラ整備それから、ビジネス環境の変容という動きの中で、手を煩わせることなく活用することが出来るWeb会議システムを活用することの利点も拡がっています。

次の記事へ