お任せ!Web会議システム活用術

TOP > Web会議のシステムについて > Web会議とテレビ会議の主な特徴と相違点

Web会議とテレビ会議の主な特徴と相違点

場所並びに時間の制約を受けることのないテレワークは育児とビジネスをかけもちできるワークスタイルですが、距離のある従業員同士が円滑に会議を進行させていくためにはコミュニケーションツールが必要となります。
コミュニケーションツールにはテレビ会議システム及びWeb会議システムがありますので、導入する前に相互の相違を知っておくことが大切です。
まず第一に、いずれのシステムもカメラ及びマイクによるツールであることは同様です。
カメラ及びマイクから取り入れた動画と音声データーをネットワークを介して相手方に送り、受けたサイドはデーター数値を動画及び音声へと戻すシステムとなっています。
動画及び音声の処理手法が相違しておりテレビ会議については動画及び音声を出力する為、専用ハードウェア並びにエンコーダーを活用するのが特色になります。
専用機材がエンコード及びデコードを行うので、ハイレベルな動画と音声を扱えます。


Web会議のケースではソフトウェアを活用するのが特性であり、アルゴリズムを有効に活用して処理することになります。
利用するネットワークにつきましては、原則としてWeb会議に関してはインターネット上でテレビ会議に関してはPtoP接続です。
また、インターネットを介してのテレビ会議システムも近頃では少なくありません。
テレビ会議システムを活用する場合、買取でしたら本体並びにカメラなどおおよそ150万程の機材が不可欠でレンタルであれば初期費用おおよそ15万とサービス料に関しひと月5万円程必要です。
WEB会議の平均的な価格は導入規模によって変化しますがひと月で1ライセンス毎に8000円くらいのことが多く、会社によりは8万程の初期コストが必要なケースもあります。


テレビ会議及びWEB会議いずれを取り入れるといいか決断できないでいるならば、活用するシーンによって決定することが重要です。
テレビ会議で利用しているカメラはとても大きなレンズを搭載した機材を利用しており、ズームに関する機能などが実装されているリモコンを活用して出席者を映すことが出来ます。
広範囲を映せるので、出席者が多くいる会議にも対応できます。
WEB会議のケースでは小型カメラを使うことから、映すことができる人数は、少しです。
加えて、マイクにおいてもテレビ会議は感度が良いものを活用しているので、参加する人が多くもノイズやエコーを取り除いた聞きやすい音声を相手サイドに送ることができます。
ただし、web会議においても市販されているエコーキャンセラーが内蔵されているマイクスピーカーを準備すれば、聞き易い音を相手方に送れます。

次の記事へ