お任せ!Web会議システム活用術

TOP > Web会議のシステムについて > Web会議のセキュリティ対策の重要ポイント

Web会議のセキュリティ対策の重要ポイント

経費倹約や業務能率化などに合わせて、Web会議システムを活用する会社が拡がっています。
加えて、利用シーンも通常会議のみならず、役員会議並びに人事関連会議というような重要機密を手がける会議、社外の取引相手とのミーティングなど広範囲に渡っています。
以前までは、役員会議といった重要度のとても高い会議は高い金額の機器と回線でつなぐテレビ会議システムで行なって、現場レベルの会議はWeb会議システムで実施するといったように会議システムを分けて使っているケースも数多くありました。
しかしながら、ネット回線やモバイルにおける環境整備につれ、Web会議システムのクオリティーがテレビ会議システムに引けを取らないレベルまでレベルアップしていることから、役員会議といった重要度の非常に高い会議でもWeb会議システムを有効に活用する会社が増加しています。


スムーズに利用するには、セキュリティに効果的な対策がきちんとしているWeb会議システムを選ぶ必要性があります。
Web会議のセキュリティに効果的な対策をチェックする上で重要度が最も高いのは、通信データー数値そのものが暗号化されているか否かというポイントです。
Web会議においては音声や映像のデーター数値のみならず、機密性のとても高い関係書類などもシェアすることから、通信データーがしっかりと暗号化されていることを通して安全性のとても高い通信を実施することができます。
暗号化のプロトコルとしましては、SSL並びにAESによる暗号化が存在します。
これらに関しては強い暗号化方式としてよく知られているので、こうした暗号化方式が活用されているWeb会議システムを選択することが奨励できます。


Web会議に関しては一般的に考えてオンライン上の架空の会議室へとリンクして会議を開きます。
ログインID並びにURLで管理が可能なことはもちろんですが、つなぐ会議室そのものにパスワードを掛けることができるか否かもセキュリティ上肝要になってきます。
仮に不正にログインが実行されたケースでも、会議室においてパスワードがセッティングされていればそのパスワードが分かってる人しか入室できないので、重ねてセキュリティを掛けることが可能です。
それに加えて、クラウド版においてもとても高いセキュリティ対策が行われており、セキュリティという観点でもスムーズに活用することが出来るシステムですが、会社によっては会社内で高いセキュリティポリシーを設定していたり、クラウド版のサービス利用を禁止している場合があります。
以上のように一層セキュアな環境で使用したい場合は、サーバーを自分の会社のネットワークの中にポジショニングするオンプレミス版という方法があります。
オンプレミス版ならば、外のインターネットへリンクせずにWeb会議ができるので、想定外のリスクも回避できます。

次の記事へ