お任せ!Web会議システム活用術

TOP > Web会議のシステムについて > Web会議システムの特徴とテレビ会議との差異

Web会議システムの特徴とテレビ会議との差異

Web会議と言いますのは、遠い距離にいる相手方とインターネットを利用して音声並びに映像のコミュニケーションを図ったり関係書類のシェアができるコミュニケーションツールを指します。
近頃では、場所を選ぶことをせずにインターネット上の回線及びパーソナルコンピューターのみで活用することが出来るWeb会議を有効に活用する企業が随所に広がっています。
Web会議システムに関してはクラウドサービスが普通で、インターネットの回線及びパーソナルコンピューターがあれば活用することが出来ることから、専門的な設備は要されることなく場所も自由自在に選定できます。
WEBカメラ並びにヘッドセットそれから、マイクのスピーカーといった簡易機器で活用することが出来リーズナブルなコストで容易に導入することができます。


Web会議を活用する利点は出張が不要になるので移動する時間がカットされその分だけ会社の業務に対して時間を充てられたり、或いは出張費並びに宿泊費そして、交通費が不要になるので経費削減が可能です。
それに加えて、電話やメールとは異なって相互の顔を見つつ会話をすることが出来るのでコミュニケーションが取りやすく情報交換がしやすいといえます。
場所を選ぶことなく使用でき情報シェアがスピーディーに出来るため会社の業務能率化に結び付きます。
Web会議をスタートするにはまず第一にソフトウェアをパーソナルコンピューターにインストールします。
専用ソフトをインストールすることになりますが、有料と無料があるため選択できます。
さらにパーソナルコンピューターとUSBによって接続するWEBカメラと音のやり取りする為のヘッドフォンとマイクがフルセットになったヘッドセットを準備すれば活用出来ます。


Web会議に関して適正に理解するため、テレビ会議との差異を把握することが重要になります。
国内では、ブロードバンドの進歩と合わせてWeb会議についても行き渡りつつある現況ですが、こちらの会議システムはテレビ会議を単にWeb版にしたものとは異なります。
元を正せば、Web会議及びテレビ会議では、活用する目的が違います。
Web会議を利用する目的として主体となるのは、実務作業上で入用になるデーター数値や資料の共有といえます。
ひとつの例として、国外にある開発拠点及び日本国内にある技術研究所間で、3次元のデーター数値をシェアしつつ設計の図面で修正を実施する際には、とても有効と言えるでしょう。
それに対して、テレビ会議は、遠隔地におきまして現場の臨場感を再現することがその目的として挙げられ、解像度が非常に高い映像データーをシェアすることが目的です。

次の記事へ