お任せ!Web会議システム活用術

TOP > Web会議のシステムについて > Web会議システムを利用したオンライン研修の基礎知識

Web会議システムを利用したオンライン研修の基礎知識

近頃の労働力不足、人材の流動化の対策法として、教育研修を改善している会社組織は珍しくありません。
社内研修の充実を考慮したWeb会議システムを有効に活用している会社組織はよく見られます。
集合型研修は、一個所に参加する人が集まるので緊張感が高まって、集中力やモチベーションの向上が望めます。
それに対し、受講者の住所によっては移動において時間及び費用がかかるところや教師と受講者のスケジュール調整や会場確保にも苦労する点が留意すべき点といえます。
Web会議システムによるオンライン研修は、移動時間やコストがいらないので、受講者の住所に影響されず、効果的に研修を行うことができます。
それに加えて、研修会場の手配の工数もカットできます。
一方で、デメリットは、教師からの一方的な講義や緊張感が生じにくく、参加する人同士の交流も不十分です。


研修に関する効果を高めるためには、受け身の実習で終わらせるのではなく、研修の中身の理解を深める為教師と受講者お互いの能動的なコミュニケーションの場を設定することが役に立ちます。
オンライン研修においてWeb会議システムを利用することにより、インタラクティブなコミュニケーションを実現可能なことから、集合研修にとても近い有効性を確保することも不可能ではないかもしれません。
オンライン研修だからと言って、教師から受講者に対して一方通行なコミュニケーションにとどまることはなく、教師と受講者全ての方の参加に因る質疑応答、あるいはフィードバック、ディスカッションに取り組むと賢明といえます。
以上のようなオンライン研修の効果を高めるポイントをしっかりと理解し、Web会議システムを活用すれば効果は大きいでしょう。


会社によっては、数日かけ徹底的な集合研修を行っているかもしれません。
しかしながら、オンライン研修及び集合研修を混合することで、受講者の拘束される時間を少なくする効果が期待できます。
時間及びコストを削減し、本業に対しての影響を最低限に抑えながら、学習に関する効果向上も見込めるでしょう。
研修プログラムを設定することで、集合研修及びオンライン研修の利点を活かす取り組みができそうです。
研修目的並びにプログラムの中身、難易度によりまして色々なコーディネイトが想定されますが、どのケースでもオンライン研修ではWeb会議システムを用いることで、本来業務に対しての影響やスケジュール調整の煩わしさを少なくすることができるでしょう。
オンライン研修が遂行できば、受講者は日常的な業務に影響を受けることなく、専門的な知識習得や技能アップを図れます。

次の記事へ